小笠原通信

福島県福島市にある有限会社小笠原自工のブログ。 一般的な車に関する知識や何気ない日記等を掲載しています。 会社のHPもリンクしてあるのでそちらの方もよろしくどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基準値






皆さんでも出来る(というか一応日常点検で乗る前にはやってくださいと言われたはずの)タイヤの空気圧点検(調整)




空気圧≒中にどれだけ空気が入っているかって事ですけれど多かったり少なかったりするとどうなるかわかりますか?





入っている空気が少ないとどうなるかはなんとなくわかるとは思いますが




書いては見たものの実はその内容は話したい内容を考えると割とどうでもいいことでしてね(笑)




空気圧っていうのも画像のようにこのくらいいれてくださいねって書いてあるものですが




「適正」と言われる空気圧はタイヤのサイズがおおよそ同じであれば同じ数字に設定されるものだったんですね




例えば軽自動車クラスのタイヤサイズなら180~200kPa、普通車クラスなら200~240kPaみたいな
(扁平タイヤや貨物用なら空気圧が高めとかね)




でも最近の新車では↑の数字よりやたら高い数値になってるのが多くなってきてましてね・・・




軽自動車でデフォルトで280kPaって・・・箱バンじゃないんだから




業界の人間やちょっと詳しい人なんかは理由はすぐにピンとくると思いますが




普通に使う人にはわからない(というか考えない)と思うんですよね・・・




むしろその辺りの車から入った人にはそれが「基準」になってしまう事もあるのかも・・・?




ま、業界の人間であればその理由くらいは考える思考はあってほしいですけれど




基準って何かと比べるためにあるものかもしれませんが




それがなんで?と思えると色々と面白いことに気付けるかもしれませんよ?




テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

コメント

低すぎると燃費悪化やバーストの危険性だったり・・・
高すぎると乗り心地の悪化だったり・・・

とかいう私は、コペンで16インチにしてた時は2.7~2.8キロくらい入れたましたがw
高速での安定感が15インチの時より悪くなったのは、これが原因だったのかな^^;


欧州車では、
1人程度しか乗らない時と、フル乗車・フル積載の時の、
両方の空気圧が明記されてたりするそうですよ~

  • 2014/04/25(金) 07:09:02 |
  • URL |
  • copecaam #HK80fyCU
  • [ 編集 ]

細かく設定されてるんですね~

インチアップして扁平にすると多くいれますよね。
でもどれくらいが適正なのかは普通はわからないですし、ちょっとくらいの空気圧増加くらいじゃ乗り心地に大きな変化はありませんから
(安定感に関しては空気圧よりは別な要因の方が大きい気もしますね)


最近は空気圧設定にも幅が出てきたな~と思った記事でした

  • 2014/04/25(金) 08:07:05 |
  • URL |
  • 管理人 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ogajikou.blog23.fc2.com/tb.php/860-3c1b519a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。